2012年02月27日

仲卸

卸売市場から青果物を購入するには基本的に市場に入っている仲卸を通すことになる。

平成20年度の青果を扱う店舗数は約20000店強あるが、2/3は年商10億円までの中小企業だ。
そのほとんどが営業赤字で、全体の平均はでも売上利益率は0.1%程度になる。

正に薄利多売の世界。
店舗数もピークの昭和51年から36年間で1/3程度になっている。

この世界でグループ全体で売上260億円の企業になったことはすごいと思う。

その礎を築いたのが創業者(会長)であるが、残念ながら話をする機会はなかった。

昨年末に亡くなられた会長を偲ぶ会があった。

image-20120227234300.png

商品開発部 M



posted by カネマサ流通グループ at 23:49| Comment(0) | 市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。