2013年02月17日

新しい取り組み

もう10年以上前から「高齢化で産地と市場(販売)の立場が変わる」と言われていた。

でも以外と今も当時考えていたような大きい変化は起こっていない。

「茹でカエル」のたとえ話のように、確実に変化は起こっているのだが、カエルが我慢して真っ赤な状態なのかも知れない。

一つ確実なことは、来るべき大きな変化に備えて新しい取り組みを一つでも多く始める必要がある。

どんな取り組み方か?
鍵は人と栽培技術にある。

カネマサ流通 M





posted by カネマサ流通グループ at 21:14| Comment(0) | 産地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。