2012年01月24日

誕生日

この歳になると誕生日はほとんど意識しない。

「カウントダウン」、いつからかそう思うようになった。

とは言えこう言うカードは嬉しい。


image-20120124102608.png

我が家では自作のカードを送るのが暗黙のルールになっている。

「金」より「気持ち」や「時間」を使えと言う考えだ。
(貧乏人の強がり?)

会社からもらったボジョレー・ヌーボも頂きました。感謝。


image-20120124103626.png

商品開発部 M

posted by カネマサ流通グループ at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

八百屋塾

1月の八百屋塾は、ゴボウとイチゴ。

ゴボウの品種は、大きく分けて2種類ある。
茎元が青い(白い)葉ゴボウや若ゴボウと茎元が赤い滝野川ゴボウの系統。
日本でシェア70%を占める柳川採種研究所の主力品種「柳川理想」はこの赤茎品種だ。
つまりほとんどのゴボウが滝野川ゴボウの血を引く。

早生と晩生では根の太る部分が違う。
早生は茎に近い部分が太り、晩生は根の先の方まで太る。


image-20120115190254.png

向かって右から「滝野川ゴボウ(埼玉)」「十和田美人(青森)」「有機ゴボウ(北海道)」
「芹沢ゴボウ(茨城)」「菊池の新ゴボウ(熊本)」

この中では北海道の有機ゴボウが口に含んだ時の香り(土っぽい香りも含めて)とほのかな甘みで評価が高かった。

京都の伝統野菜「堀川ゴボウ」


image-20120115192012.png

この太さは長年の種選抜と2年から時に3年かけて栽培することで実現している。
もちろん価格もグレート。


image-20120115192221.png

料理ではこんな感じで、ちょっと見た目ではゴボウに見えない。


image-20120115192649.png

イチゴはレギュラー陣に新しく「栃木27号」が紹介された。
名前は公募中。
あまおうと同様で試験販売を経て今後ブランド化するらしい。

味は残念ながらまだ乗っていない。


image-20120115193209.png

向かって左から「さがほのか」「あまおう」「栃木27号」「ひのしずく」
「とちおとめ」(上段)「紅ほっぺ」「さちのか」

最近の問題があったが食べログなどに投稿する画像、つまり食べ物を美味しく見せたり画像加工が簡単にできるアプリがあったので使って見た。


image-20120115193927.png

どうですか?
前のイチゴが美味しそうに見えますか?

商品開発部 M






posted by カネマサ流通グループ at 19:41| Comment(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

紅まどんな

会社から社員に時節の贈り物がある。

11月は、解禁に合わせたボジョレー・ヌーボー。
そして年末は「紅まどんな」。


image-20120108125131.png


外皮・内皮共に極薄で果肉のお得感がものすごくある。
伊予柑やポンカンの味わいで酸味が少なく、キャッチフレーズの
「ゼリーのような」がぴったりだ。

image-20120108125156.png

「せとか(清見タンゴール×アンコール×マーコット)」を超える
という話も大袈裟ではない。


image-20120108131605.png


ただ、流通としては皮の薄さゆえ棚持ちが気になる。
少し置くと実にぷよぷよ感が出る。


image-20120108131532.png


自分が子供の頃に比べてめっきり果実を食べる機会が
減ってしまったが、野菜も含めて食べ物から季節を感じる文化は
無くなってしまうのだろうか。

商品開発部 M



posted by カネマサ流通グループ at 13:16| Comment(0) | 果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。